嗜好品の服にお金を借りない

服が好きな人って、いくらでも服が欲しくなりますよね。

 

新しい洋服は出てくるわけですし、シーズンごとに流行りっていうものがあるので、どんどんほしい服が出てきます。

 

これってホント尽きないぐらいに欲しいものが出てくる人が多いでしょう。

 

こうなってくると服が欲しいけどお金ないという状態になってしまいます。

 

この時に服を買う為にお金をどうにかしないといけないという状況になりますが、服の為にお金を借りるということは避けたほうが良いでしょう。

 

お金を借りるのがダメというわけではないですが、服を買いすぎている状態でお金がないので借りるというのは、これはいつまでたっても完結しないようになります。

 

例えば、3万円ほど服を借りるのにお金を借りたとします。

 

すると、借金は3万円残りますが、またすぐに欲しい服ができて、カードローンの限度額内ならば繰り返し利用できるので、すぐにまた3万円借りるということを繰り返すようになるのです。

 

カードローンのメリットでもある限度額内ならば繰り返し使えるという部分ですが、余計なもので間で借りすぎてしまうというデメリットにもなるのです。

 

お金を借りるのにATMに言って引き出すだけなので、手軽すぎて借りているという感覚も薄れてきますよね。

 

こうなってしまうと、あっという間に限度額まで借りてしまいます。

 

満額まで行ったので、次の消費者金融ということを繰り返していると、あっという間に多重債務になってしまうのです。

 

総量規制により年収の3分の1までしか借りれなくなってはいますが、3分の1までの借金を負うと結構大変ですし、これから同じような収入を得られるとは限りませんからね。

 

会社などが倒産したことにより、収入が途切れてしまったり、体調が悪くなってあるバイトでしか働けなくなったりということもあり得るわけですから。

 

洋服はあくまで日用品ではあるのですが、洋服が好きである意味趣味で購入している場合嗜好品ともいえるでしょう。

 

この嗜好品の為に借金をするのはやめておいたほうが良いです。

 

生活費が一時的に足りなかったり、例えば学費が必要といったようなものにならばカードローンを使うのもやむを得ないですけどね。

 

お金がない状況ならば服を買うのは我慢するというのは大事なことですよ。

 

どうしても今回だけは手に入れたい場合

嗜好品の為にお金を借りるのはやめたほうが良いですが、どうしても今回だけっていう人もいるでしょう。

 

限定発売のものであったりするとその時にしか買うことができませんから。

 

また、冬になってアウターを1枚だけは購入したい位ということもあるでしょう。アウターだとそれなりに金額がするので、今持っているお金だけでは買えないということもあるはずです。

 

そういったどうしても今回だけはという場合は、カードローンで借りるのもしょうがないです。

 

ただ、今回だけっていうのを決めて使うようにして下さいね。

 

限度額いっぱいまでなんだかんだで使わないようにするというのが本当に重要ですよ!