お金のかかる引越し

引越しって意外とお金がかかりますよね。そんなに物はないし、距離も近いのにビックリするような値段だったり。

 

一人暮らしの単身引越しで数万円から10〜20万円、家族の引越しだと20万円以上で、移動距離によっては50万円を超えるということもあるぐらいなのです。

 

このように引越し費用って本当に高いです。

 

その分、トラックも用意してもらわないといけないですし、人でも何人か必要なわけなので、しょうがないと言えばしょうがないのですが。

 

お金がないなら引越ししなければいいということにならなくもないですが、どうしても引越ししないといけない状況というのもあるものです。

 

ストーカー被害にあわれている人や、新しく決まった仕事の為にであったり、その他何らかの理由で引越しは避けられないという事もあることでしょう。

 

こういった時にお金がないという状態だと、引越しできずに困ります。

 

ですので、以下になるべく引越しを安くする方法を紹介しておきますので、なるべく安く引越しを済ませて、引越しできるようにしましょう。

 

全くお金がないのならローンを利用する

 

いくら安くしてもお金がないという状態ならば、消費者金融などを利用してお金を借りるということしか選択肢はないでしょう。

 

 

消費者金融なら一定期間無利息で利用できるところもあるので、一時的に引越し費用を借りても、無利息期間内に返済することができれば利息を支払う必要がありませんよ。

 

引越し費用を安くする方法

自分自身で引越しする

引越し料金は引越しするために荷物を運んだりする人を雇わないといけないので高くなります。

 

なので、自分自身で引越ししてしまえば、一番安く引越しをすることができるでしょう。

 

もし引越し先があまり遠くないという場合は、自分の車や身内の車で何度か往復して運べるものは運ぶといいでしょう。

 

冷蔵庫や洗濯機、食器棚といった大きな荷物がある場合は、レンタカーでトラックを借りて運ぶということになります。

 

トラックを借りるのならば、自分の車などでチマチマ運ばなくていいかもしれませんけどね。

 

ただ、やはり一人ではちょっと厳しいので、身内の誰かにお願いしたり、友人などにお願いするしかないでしょう。

 

こういった場合、やはり人を動かすわけなので、お金を払わないにしても、引越しが終了した後にご飯ぐらいは奢ってあげるといいでしょう。

 

たくさんの人に協力してもらうと、その分ご飯代が高くなりますし、トラックのレンタカー代なども考えて、最低限の人数に協力してもらうようにしましょう。

 

引越し一括見積サービスで安い業者を探す

引越し費用って引越し業者によってバラバラです。

 

ですので、一括見積サービスを利用して安い業者を探したほうが良いでしょう。こんなに違うんだってビックリすると思います。

 

引越し料金って「定価」というものがないので、マチマチになってしまうので、1社だけにお願いしてしまうと高くなってしまう可能性があるのです。

 

なので、複数の業者に依頼するということが重要です。

 

安い時期を選んで引越しする

引越しは時期によっても料金がかなり違ってきます。

 

やはり、引っ越しシーズンである3月、4月は料金がぐっと上がってしまいます。新生活の時期ですからね。

 

これにまた土日なども引越ししたい人が多いので、料金が高くなります。

 

3月、4月を避ければそんなに料金が変わるということはなく、特に安いのが1月、6月、7月になります。

 

ですので、3月、4月を避けて、出来るだけ土日祝日も避けて平日に引越しするようにすると料金を安く済ませることができますよ。

 

自分で荷造りする

引越しは荷造りに関しても引越し業者に依頼することができます。

 

でも、これはあくまで有料になります。

 

有料ということは引越し費用にプラスされるということになりますので、荷造りは自分でするようにしましょう。