家を建てたい人は今一度冷静に考えよう!

家を建てたいけどお金ないという人もいるでしょうね。

 

そういった方たちは、どうにか頑張って住宅ローンを背負って家を建ててもいいのでしょうか?

 

よく賃貸が得か?持ち家が得か?という議論がされますが、そもそもどっちが得かというよりもどっちが人生として安全か?というのも考えなければいけません。

 

家を建てて持ち家にするという場合、住宅ローンを利用して家を建てるようになります。

 

お金ないという方なら特に頭金などもないでしょうから、全額を住宅ローンで賄うようになります。

 

住宅ローンを組んだわけなので、毎月決められた金額額を返済していかなければいけません。

 

フラット35だと35年間支払い続けないといけないということになりますね。

 

これはもう住宅ローンを組んだ時点で、将来の35年間続く支払いが決定したということになります。

 

将来的なことってなにもわからない状態なのに、支払いだけが決まっているのってかなり怖いことですよね。

 

住宅ローンを組む時に、その方の年収に応じて借入できる金額を借りるようになります。

 

でも、その年収というのは今の時点でのことです。

 

将来的に今勤めている会社がつぶれるかもしれませんし、病気やけがなどにより転職しないといけなくなる可能性もあります。

 

転職となると給料が上がることもあるかもしれませんが、上記のような理由だと下がるということが一般的です。

 

こういった時に賃貸で例えば毎月8万円づつ支払っていたのなら、ちょっと節約して5万円のところに引越しすることも可能です。

 

8万円が5万円になったわけなので、年間で36万円もの節約になります。

 

これが持ち家で住宅ローンを持っていたら、引っ越すわけにはいかないので、給料が下がったら他の生活費などを削るしかありません。

 

生活費の固定費って住宅にかかるお金というのが一番大きくなってきます。

 

こまごま節約するよりも、住宅にかかるお金を節約するのが、一番手っ取り早く大きく節約できるのです。

 

生活費で節約して、給料が下がった分を補填できればいいですが、なかなか難しかったりしますよね。

 

しかも、その転職した時期がフラット35を組んだ10年後だとすると、あと25年も同じような生活費を削る生活を続けないといけないのです。

 

ちょっと考えただけで怖いですよね。

 

ですので、そもそも賃貸が得か持ち家が得かとかではなく、将来的な安全策としても賃貸のほうが間違いなく安全と言えるでしょう。

 

住宅ローンのほうが月々の支払いが安くなる?

ハウスメーカーなどの営業としては、住宅ローンをシミュレーションしてみて、住宅ローンの方が今の家賃よりも月々の支払いが安くなるとかって言ってきます。

 

実際のところ、そのシミュレーションならばそうなのかもしれませんが持ち家の場合、固定資産税や定期的な外壁塗装費などもかかってきます。

 

ですので、住宅ローンの支払いだけで計算していたら後でお金に困ることにもなりかねません。

 

あまりハウスメーカーの営業の人の言うことを鵜呑みにせず、自分自身でもしっかり考えないとだめですね。

 

こういったことから、お金ない方が家を建てるというのは、いま一度思いとどまりよく考えるようにして下さい。

 

そもそも、今お金ないという状態なのなら、お金を貯めていくということが出来ない性格というか生活な可能性があります。

 

ちょっとづつでもお金を貯めていける生活環境に改善して、それから家を建てる計画を立てるようにしましょう!