金欠になったときの対策!

生活をしていると金欠になってしまうということもありますよね。ちょっと買い物しすぎたり、友人の結婚式が重なったりというように、何かしら出費が重なってしまうと金欠な状態になってしまいます。

 

この金欠状態になってしまうと、とりあえず給料日や学生なら仕送りがもらえる日までは節約して生活していかないといけないですよね。

 

節約して生活してどうにかなるのならOKですが、金欠の中でも「マジで金がない」という本当にお金がなくて困っているという状態の人もいると思います。
財布に金がない

 

スグに何かしらお金が必要であったり、生活するためのお金スグに必要な状態だったりというように。金欠の中でも「マジで金がない」という状態は緊急を要するはずです。

 

マジで金がないという状況の人はとりあえずすぐに現金を手に入れる方法を考えなければいけません。節約してどうにかなるというレベルではないわけですので。

 

このすぐに現金を手に入れる方法を【金欠大百科2019最新】で紹介していきたいと思います。

 

節約してどうにかしたいという方は、そういった節約方法が書かれているサイトをご覧ください。マジで金がなくてすぐに現金が必要な方だけお読みいただければと思います<(_ _)>

 

即日中ににお金を手に入れる方法

即日中にお金を手に入れる方法として考えられるのが「カードローンでお金を借りる」「日払いのアルバイトをする」「不用品を売る」ということが挙げられるかなと思います。

 

とりあえず1番いいと思うのは「日払いのアルバイトをする」ということだと思います。お金を借りて利息を払わなくていいですし、不用品と言ってもモノをなくさなくても済みますから。

 

今日すぐに働けるバイトなんてないだろう?って思うかもしれませんが、今日から働けるというアルバイトも結構あるのです。今はどこも人手不足ですからね。

 

ただ、申し込む時間によっては無理な場合もありますので、思いついたらすぐに探してあまり仕事内容にこだわりすぎずに応募するといいでしょう。

 

仕事内容をこだわりすぎてたらなかなか見つからなかったりするので。目的はすぐにお金を手に入れるということだということを忘れないようにして下さい。
アルバイト

 

マイナビバイトの「日払い・週払いアルバイト情報コーナー」にいろいろと掲載されているので見てみてください。

 

日払いのアルバイトですぐに働くのがベストな方法ではあると思うのですが、現実的に難しいという人も多いでしょうね。もっとすぐにお金が欲しいという人もいるでしょうから。

 

そういった人は「カードローンでお金を借りる」か「不用品を売る」ということになるかと思います。

 

先ほども言いましたが、カードローンでお金を借りてしまうと利息を支払わなければいけないというデメリットがあるので、不用品がある方は「不用品を売る」という選択肢を取るといいでしょう。

 

この不用品を売る際ですがなるべく高く売るためにはメルカリやヤフオクを利用したほうが高く売れます。買取業者に持っていくとブランド品でも思いのほか安かったりしますからね。

 

でも、メルカリやヤフオクでその日のうちに売れたとしても、お金はその日の内に入ってこず数日後になります。ですので、すぐにお金を手に入れることができません。
売る

 

すぐに手に入れたい場合ならば、買取業者に持っていって売るしかないですね。買取業者ならばメルカリやヤフオクに比べてちょっと安いですが、スグに現金払いしてくれるのですぐにお金を手に入れることができますからね。

 

ただ、メルカリやヤフオクのほうが高く売れるのは間違いないと思うで、焦りすぎて売る必要は実はありません。

 

どういうことかというと、最終的な対策方法の「カードローンでお金を借りる」ということを先にするといいのです!

 

無利息期間のあるカードローンを上手に利用する

カードローン

 

カードローンでお金を借りるのは利息を払わないといけないデメリットがあると言ったのですが、実はカードローンの中にはその消費者金融を初めての利用する方を対象として無利息期間を設けているところがあるのです。

 

消費者金融としてはお客さんを呼び込むキャンペーンというかサービス的なものですね。

 

その無利息期間の内に返済してしまえば、利息を払うことなく一時的にお金を借りることができるというわけなのです!

 

なので、この無利息期間を利用してお金を借りて、その期間内にメルカリやヤフオクでなるべく高く不用品を売って入金されたもので返済したり、日払いや週払いのアルバイトをした給料で返済すればいいということなのです。

 

これだとある程度ゆとりをもってお金を作っていけるので無駄がないのです!

 

そこで、無利息期間のある消費者金融を紹介しておきますね。

 

無利息期間のある消費者金融

プロミス
プロミス

プロミスはプロミスと初めて契約の方で、Eメールアドレスを登録して、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した方を対象として30日間無利息で利用できます。
プロミスは初回利用の翌日から30日間無利息なので無駄がありません。どういうことかというと、契約してすぐに利用しなくて、しばらくして利用してもその利用した日から30日間無利息なのです。
他社は契約した日からですので、無利息期間のあるカードローンの中では1番お勧めですね。

 

≫プロミスの申し込みはこちら

アコム
アコム

アコムはアコムでの契約が初めての方であれば、30日間無利息で利用することができます。
この無利息は契約日の翌日から30日間無利息なので、すぐに利用するという人が申し込むようにしましょう。まあ、マジで金ない状態ならすぐに利用するということになるでしょうけど。
あと、キャッシングカードをクレジット機能の付いたアコムマスターカードにすることもできるのが特徴です。ショッピングでも使えますからね。
このアコムマスターカードも即日発行可能です。
≫アコムの申し込みはこちら

レイクALSA
レイクALSA

レイクALSAの無利息ローンは2種類から選ぶことができるようになっています。
契約額1〜200万円の方で借入額のうち5万円までが180日間無利息か、借入額全額を30日間無利息かのどちらかを選べるようになります。
どちらもレイクALSAを初めて契約する方が対象となっています。
比較的少額な金額を借りる予定の方は180日間無利息で、比較的高額な金額を借りる予定の方は30日間無利息がお得になるでしょうね。
≫レイクALSAの申し込みはこちら

アイフル

アイフル

アイフルはアイフルを初めて利用する方で、無担保キャッシングローンを利用する方限定で契約日の翌日から30日間無利息で利用することができます。
WEB契約時に「カードレス」「口座振替(自動引き落とし)」を選べば郵送物は一切なしで利用することができますよカードは後から発行することも可能です。
≫アイフルの申し込みはこちら

 

無利息期間後は利息が発生します!

無利息期間を利用してその間にアルバイトしたり、不用品を売ったりしてお金を作って返済してしまえば、カードローンの利息を支払うことなく借りることができるということでした。

 

でも、無利息期間内に返済できなければそこからは利息がかかってくるので気を付けてください。

 

まあ、利息がかかるといっても、そんなにメチャクチャな金額が必要となるわけではないので、そんなに恐れる必要はないですけどね。

 

例えば10万円を金利18%で借りると月の利息は約1,500円ということになります。

 

こう見ると、そんなに恐れるような金額の利息がかかるというわけではないですが、繰り返し借りたりしていくうちに借金総額が膨らんでいくと結構な金額になってきます。

 

しかも、いくらたっても完済できないという状況になってくる可能性もあります。

 

なので、やはり借金というのはなるべく早く返済してしまうことが大事ですね。

 

あと、なるべく借りないということも凄く大事です。返済して借りてというのを繰り返していくと、借りるのが当たり前といったような感じに陥ってくる人が多いです。

 

ある意味限度額内の金額は自分のお金というような感じに。

 

このように借りているという感覚がマヒしてくると借り癖がついて、どんどん借金が膨らんで、借りている消費者金融で借りれなくなったら、また次の消費者金融というように自転車操業状態になってしまいます。

 

この辺りをくれぐれも注意して必要最小限だけ借りるようにして下さいね!

 

消費者金融の審査に通らない方

上記では無利息期間のある消費者金融で、マジで金がない状態を乗り切る方法を紹介しました。

 

ただ、消費者金融の審査に通らないという人もいるでしょう。

 

所謂ブラックという状態になっている人だったり、もうすでに何社かの消費者金融を利用していて総量規制ギリギリまですでに借りているという人だったり。

 

こういう方は消費者金融の審査に通らないので、日払いのアルバイトをしたり不用品を売るなどするしかありません。

 

このように一時的にマジで金がない状態をしのげたとしても、こういった消費者金融から審査が通らない方の場合、もう経済的に詰んでしまっている可能性が高いです。

 

ですので、まずは前向きな第一歩として債務状況を弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。

 

かなり昔から利用している消費者金融だと過払い金がある可能性もありますし、もう支払えないような状態ならば破産などの手続きを進めていかないといけません。

 

いつまでもずるずる、その場しのぎでどうにかしていっても悪化していくだけど、一つもいい方向には進んでいっていませんからね。

 

弁護士や司法書士と聞くと敷居が高く感じるかもしれませんが、専門家なので最善の方法が分かっているので必ず相談して前に一歩進むようにしましょう。

 

弁護士や司法書士は、

 

日本弁護士連合会・・・日弁連の法律相談インターネット予約 ひまわり相談ネット
日本司法書士会連合会・・・全国司法書士会一覧

 

こちらから探すようにするといいですよ。