お金のかかる年末年始

年末年始って何かとお金がかかることが多いですよね。

 

まず、年末手前にクリスマスがあります。クリスマスが終わると、やっと年末という気分になってきますよね。

 

クリスマスは恋人同士ならばちょっと豪華なディナーに行ったり、プレゼントを交換したり、高価なホテルに泊まったりというのでお金がかかります。

 

3〜5万円程度かかることもあるでしょうね。

 

家族の場合でも、子供のクリスマスプレゼントを買わないといけないですし、夫婦間でクリスマスプレゼントの交換をするということもあるでしょう。

 

あと、ケーキやチキンなど家で食べるご飯もちょっと豪華になり、ここでもまたお金がかかります。

 

こちらもトータルで2万円程度かかる可能性もあるでしょう。

 

どちらもプレゼントの金額や、食事の金額によって違いが出てきますけどね。

 

次に年末年始ですね。

 

学生の方や家族の方も、帰省するということになります。まずこの帰省にお金がかかります。

 

しかも、学生の様に単身で帰省する場合はいいですが、家族で帰省するとなればかなりの金額になるでしょう。

 

車で帰省するにしても渋滞に巻き込まれるわけなので、ガソリン代もかさみますよね。

 

この帰省の費用を安くするには、年末年始をずらすというのも一つの方法ですが、仕事の休みなどを考えるとちょっと難しい人も多いでしょう。

 

なるべく安くするために、新幹線ではなく高速バスを利用したり、飛行機ならANAやJALを利用するのではなくLCCを利用したりというように交通費を下げるしかないでしょう。

 

帰省してしまえば実家でご飯とかが食べれるわけなので、そんなにお金はかかりませんが。

 

実家で過ごす場合はおせち料理とかが用意されていますが、帰省とかはないという家庭では自分たちでおせち料理を注文したりするのでお金がかかりますね。

 

年が明けてお正月になると、親戚の子たちが来ればお年玉を配らなければいけません。

 

その他、福袋を買いに行ったり、ショッピングセンターに行ったりというようになんだかんだでお金を使ってしまいます。

 

年末年始って暇と言えば暇なので、何かしら行動しているうちにお金を使っていってしまっているのが現実です。

 

金がないという状態ならば借りるしかない!

すでに、これらのクリスマスと年末年始というイベントがあることは決まっているので、貯金しておくというのが一番いいです。

 

なるべく月々にちょっとづつでもいいので、年末年始の為の貯金をしておくといいでしょう。

 

ただ、そうはいっても年末年始のために貯金する事って結構難しかったりします。

 

かなりお金にしっかりしている人ならばできるかもしれませんが、無理な人のほうが多いでしょう。

 

なので、こういった場合はお金を借りるしかないですね。

 

この年末年始に引きこもっているのもありですが、子供がいたりするととくに難しいでしょう。

 

学生の場合もやはり遊びに行きたいですもんね。

 

なので、必要最低限度だけお金を借りて年末年始をやり過ごすといいですよ。

 

大手の消費者金融なら一定期間無利息だったりするので、その無利息を利用してなるべく早く完済できるようにしましょう。