緊急を要するならカードローンがベスト

マジで金がない状態で「生活できない!」という状態ならば、結構緊急を要する状態ですよね。

 

よく他のサイトなどで書かれているのが、生活できないなら「お小遣い稼ぎしよう!」「生活福祉資金貸付制度を利用しよう!」などと書かれていたりしますが、それじゃ間に合わないだろうって感じですよね・・・。

 

ポイントサイトなどを使ってお小遣い稼ぎしてたら、お小遣い稼ぎした数千円のお金が入ってくるのが、翌々月ぐらいになったりします。

 

生活福祉資金貸付制度も融資までに1か月ぐらいかかりますし、いろいろと条件があって、そう簡単に借りることができるわけではありません。

 

そもそも、市役所でそう簡単にお金を貸してくれるわけありませんよね。借りれる難易度はかなり高いといえるでしょう。

 

お金がなくて生活できないというのは今現在に起こっていることなんですから、こういった時間がかかるものはどうしようもないかなと。

 

やはり、1番いいのはカードローンでお金を借りるということです。

お金を借りるのが悪い事っていうイメージの人もいるかもしれませんが、みんな何かしらお金を借りて生活していったりしてますからね。住宅ローンもお金を借りるってことですし。

 

実際にカードローンを利用している人はかなり多いのが現実です。

 

このカードローンを利用している人の使用目的として、生活費として借りているのが多いです。

 

お金を借りるので悪いのは、闇金や個人間融資を利用してお金を借りるということです。

 

闇金はとてつもない金利になっていつまでたっても完済できませんし、個人間融資も結局は闇金が相手だったり、何らかの犯罪に巻き込まれてしまう可能性がメチャクチャ高いです。

 

個人間融資っていうのを知らない人もいるかもしれないので簡単に説明させてもらうと、ツイッターなどのSNSを使って個人間でお金の貸し借りをするものです。

 

ツイッターで「お金貸してください!」みたいなことをつぶやいて、それに対して貸せる人がDMなどを送るというものです。

 

ほとんどが闇金か、犯罪に巻き込もうとする人達になります。

 

全く知らない人になにもなくお金を貸す人なんていませんからね。

 

ですので、お金がなくて生活できないという状態になってしまったら、まずはカードローンでお金を借りるようにしましょう。

 

当サイトでおすすめしているのが無利息期間のあるカードローンです。

 

30日間など一定期間無利息なので、この間に給料日などでお金ができたなら返済してしまえば利息はかかりません。

 

しかも30日間の間に日払いのアルバイトや短期のアルバイトなどを、空いた時間で入れていけば、返済のための準備ができます。

生活ができるように生活を見直す

 

生活ができないという状態ならば、これからも同じようなことを繰り返す可能性があります。同じような生活をしてたらそうなりますよね。

 

今回お金がなくて生活ができない状態になったのが、一時的に出費が重なってしまってならそうではないかもしれませんが。

 

でも、どちらにしてもギリギリで生活しているのには変わらないので、生活ができるように生活を見直すのも重要です。

 

例えば、

 

・スマホを格安SIMに変更
・空いた時間にアルバイトする
・外食を控える
・いくつかの消費者金融で借入している場合は低金利なところで借り換えする
・生命保険関係を見直して保険料を抑える
・多重債務状態の場合は債務整理する

 

など、自分が生活するうえで何にお金を支払っているのか?というのを洗い出して、その金額をどうにか毛づることができないか?というのを考えてみましょう。

 

生きて生活していくうえでかかる毎月の固定費を抑えることで、生活ができないという状況から脱出することは十分可能だと思いますよ。