給料日までの乗り切り方

給料日前になるとお金がないという人は多いです。

 

実際に、この原因を詳しく紐解いていったところで、今時点の給料日前にお金がないということはどうしようもありません。

 

正直、給料日前にお金がない原因は2種類で、「計画性がない」ということと「急な出費が重なった」ということになります。

 

これはとりあえず、今からどうしようもありませんので、あとで解説しておきますので、来月以降にこういった給料日前にお金がないという状態にならないように気をつけましょう。

 

で、今現在給料日前であってお金がない状態で乗り切る方法は「節約」と「カードローン」ということになります。

 

節約する

とりあえずお金がないのならばお金を使わないという方法は重要になります。

 

使わなければ、お金がない状態でもとりあえず過ごしていけるということになりますからね。

 

ただ、お金を使わないというのも生きていくうえで無理がありますね。

 

ご飯は食べないといけませんし、仕事に行くのに交通費が必要だったり、最低限は使わないと生きていけませんからね。

 

なので、お金を全く使ったらダメというわけではなく「節約」という考え方が重要になってきます。

 

この節約で一番手っ取り早いのが夕食などのご飯を節約するということになります。

 

交通費とか節約しづらいでしょうが、ご飯だとわかりやすく節約することができますので。

 

食事の節約で一番強い見方が「もやし」です!

 

もやしはスーパーに行けば30円前後で1パック手に入れることができますよね。調理してもそれなりの量になります。

 

学生時代にお金がないという状況の人で、もやしに救われたという人も多いのではないでしょう。

 

1パック30円前後の値段って数年前から全く変わってないですよね。だいたい値上がりしていくものが多い中、値段が据え置きにされているように感じます。

 

しかも、セールの時とかを利用すると1パック10円だったりもします。

 

また、「もやし」は、たんぱく質やビタミンB群、ビタミンC群、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいるのです。ビタミンやミネラルのバランスがいいんですよね。

 

お子さんのいる家庭は、お金がないからと言って、子供に適当にパンだけといったようなものはちょっと避けたいところですよね。

 

育ち盛りで健康的に育ってもらうためには、栄養も凄く重要ですので。

 

そういった場合にもこの栄養豊富で安いもやしはいいでしょうね。

 

もやしのレシピもたくさんあって、いろいろとアレンジしやすいので、すぐに飽きてしまうということもないでしょう。

 

ですので、ご飯を節約という場合はもやしを使って上手にやりくりしていきましょう。

 

あと、節約ということでコンビニにちょくちょく寄って、何かと買ってしまうという人も多いです。

 

こういった方は給料日までは絶対にコンビニによらないようにしましょう。

 

コンビニによらないからと言って生活が困るわけではないので、無駄な買い物を減らす為にもよらないようにするといいでしょう。

 

カードローンで一時的にお金を借りる

給料日前にお金がないという状況なら、一時的ということになります。

 

なので、カードローンで一時的にお金を借りてやりきるというのも一つの方法です。

 

正直節約だけではどうしようもない部分もありますからね。

 

先ほど「もやし」などの価格の安い食材を利用して、ご飯にかかるお金を節約するとは言いましたが限度はありますし、お金がない状態がもやしや白米も購入できないレベルならどうしようもありませんから。

 

給料日前なので給料が入れば返済できるわけなので、借りるのも一時的なわけでカードローンでお金を借りるということのデメリットである「利息がかかる」というのもそんなに気にならないでしょう。

 

数日ならばそんなに大きな利息はかかりませんからね。

 

しかも、当サイトで紹介している消費者金融は一定期間無利息で利用できます。

 

ですので、この無利息ローン期間中に返済してしまえば、利息を全く支払わずに済むようになるのです。

 

なので、給料日前にお金がないという状態ならば、無利息ローンのある消費者金融で借入するというのが得策と言えるでしょう。

 

あくまで節約もしつつ、最低限の金額を借りて、給料が出たら返済するようにしましょう。

 

 

次月以降に給料日前にお金がないという状態にならない為に

最初にも書きましたが、給料日前にお金がないという状態ということは「計画性がない」ということと「急な出費が重なった」という原因が考えられます。

 

この2つの中でも急な出費が重なったというのは仕方がない事でしょう。

 

結婚式が重なったり、不幸が重なったりといったようなことで、思いがけない出費が出て、それがまた重なったりすることってあることですからね。

 

貯金しておけばいいのかもしれませんが、今の時代そんなに貯金をしっかりしている人なんて少数派です。

 

ですので、こういった時はしょうがないと諦めるしかないでしょう。上記で書いたような対策をして一時的にしのぎましょう。

 

問題は「計画性がない」という場合ですね。

 

給料が入ったらすぐに使ってしまうという人はいます。こういった人は明らかに計画性がないですね。

 

給料が入るまでに、自分が買いたいものなどをネットサーフィンして調べてて、入ったとたんに購入したり、クレジットカードの枠ができたとたんにカード決済したりというような感じです。

 

こんなことをしてたら、給料日前にはお金がないという状態になっているのは当たり前です。

 

こういった方の場合は、月にいくらまで使えるのか?って言う状態を一度見直してみたほうが良いでしょう。

 

計画性がないといった時点で、お金のことに無頓着な可能性も高く、一度専門家に状況を見てもらったほうが良いかもしれませんね。

 

お金の専門家と言えば、ファイナンシャルプランナーですので、日本FP協会のサイトから、相談するファイナンシャルプランナーにお願いするといいですよ。

 

※参考:日本FP協会

 

ファイナンシャルプランナーに相談して、今の状態がどういう状態化を聞き、どうすれば給料日前にお金がないという状態にならないかということを聞いてみるといいでしょう。