美容整形代がない時の対処法

美容整形をしたいという女性は多いですよね。女性だけでなく男性もかなり増えてきています。

 

やはり人間ですから見た目を気にしてしまうので、ブサイクよりも美人・男前のほうがいいのは間違いないでしょう。

 

コンプレックスになっている部分とかがあれば、そのコンプレックスをずっと抱えて生きていくよりも、美容整形によってコンプレックスを取り除いて生きていったほうがいいに決まっています。

 

美容整形

 

ただ、美容整形のデメリットとして当たり前ですが保険が適用されませんので、全額自己負担となり莫大な費用が必要となるということです。

 

美容整形といってもいろいろな方法がありますので、金額がどれくらいかかるというのが言えないので大まかな金額ですが以下のようになります。

 

目元 5〜25万円
輪郭 15〜180万円
10〜85万円

 

ひとまとめで目元や輪郭といっても施術がいろいろあるので幅がかなり広くなっています。

 

数万円ならばどうにかお金をためて出せるかもしれませんが、数十万や百万円を超える金額になってしまうと自分の貯金などから出せるという人は少ないでしょう。

 

その時にどうするか?ということになりますが、次の2つの方法が考えられます。

  1. 医療ローンを利用する
  2. カードローンを利用する

 

医療ローン

医療ローンは美容整形を行うクリニックがクレジット会社と提携しているローンになります。

 

金利は割と低めに設定されているのですが、その提携のクレジット会社のローンによっては金利が高めのところもあるので注意が必要です。

 

医療行為を受けるという目的でのローンですので金利が低く設定されている分、審査は厳しめになっていて通らなかったという人も多いのが現実です。

 

繰り上げ返済などでも手数料がかかることがほとんどですし、転院する際には手続きが必要だったり全額返済しないといけないこともあります。

 

美容整形したいけどお金がない場合は、金利の低い医療ローンを第1に検討するのでいいのですが、そのクリニックが提携している医療ローンがどういうものなのか?というのをしっかり確認しておいたほうがいいです。

 

カードローン

カードローンは目的が自由に使えるローンですので、手軽に利用することができ美容整形の支払いとしても利用することができます。

 

カードローンは繰り上げ返済などで手数料がかかることもありませんし、転院する場合でもクリニックは関係ありませんので面倒な手続きをする必要はありません。

 

ただ、医療ローンに比べると金利が高くなる場合が多いですので、あまり高額な整形費用を借りる場合は注意が必要です。

 

ある程度は自己資金を貯める

上記のように整形したいけどお金がないという場合は、医療ローンやカードローンを利用することができるのですが、全額を医療ローンやカードローンで借りるのではなく自己資金も貯めておいたほうがいいでしょう。

 

医療ローンやカードローンというのはあくまで借金でしかありません。

 

借金なのであとから返済していかないといけないのです。しかもその返済には金利がかかってきますので、借りた金額以上の返済をしなければいけないのです。

 

なので、できるだけ少ない金額を借りるようにしたほうがいいですので、「整形したい!」という気持ちが大きくなったとしてもいくらかは自分でお金を貯めてからのほうがいいでしょう。

 

美容整形って一度やってしまうと他の箇所もやりたくなるものなのです。目を二重に整形したら、次はエラを削りたいってなってしまうのです。

 

人間の美に対する意識はかなり高いものがありますからね。

 

そのまた次の時に医療ローンやカードローンを利用するとなると、どんどん借金が膨らんでいってしまいます。

 

なので、整形したいという欲望だけでなく将来のお金のことも考えて借りるようにしましょう!

 

美容整形の項目

美容整形と一言で言ってもホントにいろいろな箇所があります。以下のような項目があります。

 

二重・目元、鼻、唇、エラ・あご・頬骨、しわ・たるみ
脂肪吸引・痩身、豊胸・胸、わきが手術・多汗症治療、刺青・タトゥー除去、レーザー脱毛、ニキビ・ニキビ跡、妊娠線
しわ・たるみ、シミ・そばかす、肝斑、毛穴・黒ずみ